東京レイヴンズ 16巻 感想

   ファンタジア文庫

<あらすじ> お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で―― 「この夜が明けたとき、『新しい呪術の世』が幕を開ける」  昭和20年、戦時下の日本。東京を焼く空襲に、土御門夜光と相馬佐月は『双璧計画』の実行を決断する。それは…

この記事を読む

ハンドレッド 16巻 感想

   GA文庫

<あらすじ> 泣いても笑ってもこれが最後 「百武装展開!」 「これで、オレが消えても世界に終焉をもたらす計画――《終末計画》は完遂出来るというわけだ!」 遂にサベージの産みの親・天才科学者ディフを追い詰めたハヤトた…

この記事を読む