恋してるひまがあるならガチャ回せ! 2巻 感想

   電撃文庫
コスプレイヤー系ガチャ戦士登場! 話題の廃課金ラブコメ、第2弾!

真っ暗な俺の大学生活にも、夏休みがやってきた。夏といえば海!太陽!ではなく、スマホゲーの限定水着キャラだ。
そんな折、俺は大学で笹倉美森という新入生と知り合う。彼女の誘いでモバイルゲーム研究会というサークルに入った俺と紗雪は、合宿で真夏の沖縄に赴く。欲しい水着キャラのコスプレをしてガチャれば引ける、という美森の言葉を信じて……。そこで俺たちは美森の驚愕の正体を知る。やつはあらゆるゲームで欲しいキャラを無料ガチャのみで一発引きし続ける『最強の無課金』だったのだ!
まぶしい水着姿が無駄にはじける廃課金ラブコメ第2弾!


今月終わったら2018年半分ってマジ?
OMMCから1年経ったってマジ?
W杯開催まで後少しってマジ?

や、勿論サッカーに関してはもう色々茶番過ぎて、もうそのがんがれって感じ・・・海外記者に会見で煽られたのは笑った。サウジがドイツ相手にそれなりに戦えてたみたいだったし(ドイツは本番強いタイプとはいえ)、今回はアジア0勝って事は無さそうだね。サウジファイトだ。まあ前回日本は少なくとも1勝はできるだろうと誰しもが思っていたので、完全に言い切れる事じゃないけど!


  感想

というわけで1W空いたけど久々にブログ更新。

恋ガチャ2巻!続刊でるとは思わんかった・・・あらすじ見て若干の不安があったけど、1巻程ではないにしろ充分に楽しめました。

内容としては、新キャラの女の子が所属するサークルを巡ってスマホゲームを絡ませながら、って感じ・・・超ザックリ!てっきり無課金でマウントとってくるタイプのキャラかと思ってたけど、純粋で素直な子だったね。課金有無でどうこうに関しては、主人公くんが熱弁してて全くその通りだと思った。まあ彼は運営に所謂クソリプ送りまくってるみたいだけどね!実際問題クソリプでも、線引きというか超えちゃいけないラインとかそこら辺は重要。皆がやってるから自分も~の精神で、同調したかのようになってしまう人はとても怖い・・・や、送らないのが一番だけど!と、少し話が反れてしまった。

そんなわけで、今回もやっぱり主人公遠野くんが饒舌に語れるシチュエーションになると面白さ増し増しになる感じだったかな。樋沢くんのアシストも相変わらずナイスだったけど、元部員だった3人組との会話も中々。っていうか結局《草》って何奴だったんだ・・・

ラブコメ面でも何だかもう半分同居してて立派なリア充なはずなのに、全く進展しなさそうな感じが、や、実際は1mmくらいはしてるんだろうけど、彼ららしくて微笑ましいです。っていうか遠野くん、学費と生活費親が出してくれてたのかよ!ゲーム以外はとことんダメ人間だけど、そこが彼のキャラとしての良いところなんだろうね。

そうだなあ・・・本来なら夏休みでの水着イベント!っていったら楽しめるイベントのはずなんだけど、この作品に関しては若干ノリきれなかった部分があったりもした。多分上記の通り彼のスマホゲーマーとして他全てを捨ててまで捧げるその姿がとても魅力的だったのが、講義のシーンとか通してよく分かったんだけど、夏休みだから基本講義ないんよね。だから1巻に比べると外部的要因で笑いを誘うシーンが少なくなったはやや苦しかった。勿論それを補う内部的な面があったのでプラスなんだけども。もし続刊がでるのであればそっち方面で展開していって欲しいかな。

それはそれで、最近ゲームに殆ど触れなくなったのにも関わらず、あの物凄いただの文字列だけでゲーム内容が大体想像できてしまう自分も自分だよなあなんて思ったりもしちゃいましたね・・・以上!

★評価:85%