賭博師は祈らない 4巻 感想

   電撃文庫
束の間の幸福、そして因縁の対決。帝都に戻った賭博師ラザルスの命運は――

バースでの長逗留を終え、ようやくロンドンに帰還したラザルス。リーラは徐々に感情豊かになり、観光がてらついてきたエディス達との交流も続く。賭場の馴染みからは、そんな関係を冷やかされる始末。ラザルスは賭博師として日銭を稼ぐいつもの生活へと回帰していく。
だが幸福そうに見えるラザルスの心を陰らせるひとつの懸念――。リーラという守るべき大切なものを得たが故に、彼の賭博師としての冷徹さには確実に鈍りが生じていた。裏社会の大物や警察組織にも目を付けられつつも、毎日を凌いでいたラザルスだったが……。
そしてかつての恋人である賭博師・フランセスとの因縁が、ラザルスに決定的な破滅をもたらすことになる。


半袖持って無い人なので、辛い時期になってきた。買えやって話だけど!マスクと同じで半袖より長袖着てる方が安心するんだよね・・・


  感想

リーラとの出会いは、ラザルスにとって人間として良い方向に進むきっかけにもなったし、彼女自身も人生を救われたといっても過言では無かった。だからこそ2人のお互いに対する思いが生まれるのは、1巻から読んだ人ならば願ってもないラブコメディだったと思う。しかしながら賭博師にとって、それは致命的だということでもあった…というのが前回までの流れ。

賭博師として弱くなってしまったラザルスは、ルロイとジョナサンの2つの勢力の渦中の人になってしまう。リーラが故郷へ帰れる手段と引き換えに、間接的な取引材料として受け取ったのが事の発端だったとはいえ、これは中々酷いよなあ。正直、ルロイサイドの行動が切羽詰り過ぎていて最悪だったね…それでも、それを差し引いてもフランセスとの再戦による1巻で持ち越したモノの回収、過去描写からの最後(?)の大きな決断までの流れは綺麗にまとまっていたと感じた。帝都勢のキャラクターが一気に再登場したことで展開的にも気持ち盛り上がりを持ち返してきた印象。2、3巻はどちらかというと旅!ってイメージあったし。

そんなわけだったから今回は2、3巻で共にした2人が完全に蚊帳の外状態になっちゃったのがやや残念。リーラも前半だけで、ルロイの件以外で今回の展開に関わりが無くて意外だった。てっきりもう少し何か彼女はひっかけてくるかと。まあジョナサンサイドが倒れる事で奴隷売買とかも激減するだろうし、間接的にそこら辺はくっつけてくるのかな?とか思ったり。それで予定では次でシリーズ最終巻なんだね。何となく終着点は見えてきたのでどう綺麗に書き終えてくれるのか、新作の話もちょろっと出していたのでそこら辺も含めて期待でしょうか。以上!

★評価:80%