悪魔の孤独と水銀糖の少女 感想

   電撃文庫

『ミミズクと夜の王』紅玉いづきが贈る、極上のファンタジー。 「あなたを愛するために、ここまで来たんだもの」  黒い海を越え、呪われた島にやってきた美しい少女、シュガーリア。今は滅びた死霊術師の忘れ形見である彼女が出会ったのは、大罪…

この記事を読む

スカートのなかのひみつ。 感想

   電撃文庫

男の娘も、女の子も、そこにはひみつを隠している――。 「面白いものが面白いものを呼ぶんだ。考え方一つで世界が変わる」 高校で同じクラスの八坂幸喜真は、その名の通り“好奇心”に足が生えたような男だ。 謎の棒、植木鉢、そしてボレ…

この記事を読む

魔王学院の不適合者 感想

   電撃文庫

偽りの魔王から世界を解き放つ--。「小説家になろう」の大人気作登場! 二千年の時を経て蘇った暴虐の魔王――だが、 魔王候補を育てる学院の適性――《不適合》!? 人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和…

この記事を読む