東京レイヴンズ 16巻 感想

   ファンタジア文庫

<あらすじ> お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で―― 「この夜が明けたとき、『新しい呪術の世』が幕を開ける」  昭和20年、戦時下の日本。東京を焼く空襲に、土御門夜光と相馬佐月は『双璧計画』の実行を決断する。それは…

この記事を読む

ヒトよ、最弱なる牙を以て世界を灯す剣となれ グラファリア叙事詩 感想

   ファンタジア文庫

<あらすじ> 理不尽な世界の理を覆すのは、たったヒトリの不屈の意志 ヒトが他種族の家畜や下僕として虐げられている世界。ヴァンパイアの奴隷として生きる少年・ジノには、ヒトの尊厳を取り戻すという夢があった。その大望はヴァンパイアの辺境…

この記事を読む