ラグナロク:Re 感想

   オーバーラップ文庫

人ならざる怪物“闇の種族"が跋扈する世界。 私とともに旅をするフリーランスの傭兵リロイ・シュヴァルツァーは、大都市ヴァイデンの領主から仕事の依頼をされることとなった。 だがそれこそ、ヴァイデンを牛耳る暗殺ギルド“深紅の絶望"による罠。…

この記事を読む