キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 5巻 感想

   ファンタジア文庫

運命ではなく己の意志で選んだ唯一の敵――だから、失えない。 交換条件でシスベルの護衛を引き受け皇庁入りすることになったイスカ。真意を知らないアリスリーゼは、寄り添う二人を目撃してしまい、大いに心を乱される。一方、王宮では女王ミラベア…

この記事を読む

デート・ア・ライブ 19巻 感想

   ファンタジア文庫

<あらすじ> さあ——世界の命運を懸けた戦争を始めましょう 「令音さん。——明日、俺と、デートをしませんか?」  崇宮澪によって最悪の結末を迎えようとしたその時、五河士道は【六の弾】を使用し、最終決戦手前の日へと戻る…

この記事を読む